令和2年度(2020年度) 北摂里山魅力づくり応援事業

受付期間3月24日(火)~4月24日(金)

 「北摂里山魅力づくり応援事業」とは北摂里山博物館構想の更なる進展を図るため、北摂里山の保全活動や利活用などの取組みに対し助成する事業です。


1.助成の用件 次の要件をすべて満たす団体であること
対象団体
①阪神北地域内で活動している団体
②組織、運営、代表者に関する事項を定めている団体
③宗教活動、政治活動、営利活動を行うことを主たる目的とする団体でないこと
④暴力団もしくはその統制下にある団体その他公共の福祉に反する活動を行う団体でないこと
⑤里山の保全・整備等を継続的、計画的に行う団体
⑥構成員から会費等の負担金を徴収している団体
 
助成金額
   上限20万円(1万円単位)
    ただし、「希少種の保全に資する活動(※1参照)」を行う団体は、
    5万円を上限に当該活動の所要額を加算可能とする。
対象事業
 助成金の交付対象となる事業は、地域の魅力ある資源の保全や利活用を目指す「北摂里山博物館構想」の推進に資する以下の事業であり、「北摂里山博物館運営協議会」が開催する「企画提案会」において内容が適切と認められたものとする。なお、 ①の事業は必須とする。
 

①持続可能な森林の保全・整備
②里山保全のための調査研究
③森林ボランティア等団体への加入促進のために開催する森林教室等
④里山の産品を活用した製品の試作、研究開発、販路開拓等
⑤学校や県民を対象とした里山学習・体験活動事業(観察会、セミナー等)
⑥里山保全啓発活動や里山の魅力等を伝えるためのPR用リーフレット等の作成や取り組み
⑦希少種の保全に資する活動

 
※宗教活動、政治活動、営利を目的とした事業や公序良俗に反するなどは対象から除きます。

 

対象事業の期間
令和2年4月1日~令和3年3月31日に実施される事業

  


助成対象経費
① 謝金 
講師等謝金 ※スタッフ・協働の相手方も可。ただし、一人1回あたり3万円を上限
② 旅費 
講師交通費実費、活動に要するスタッフ交通費実費
※自家用車両での移動にかかる経費、乗車カード購入費、タクシー代は不可
③ 広報宣伝費
PR用ポスター・チラシ・パンフレット・冊子・のぼり等作成費等
④ 需用費
活動資材・材料費、表示板等製作費、事務用品等消耗品、資料印刷代等
⑤ 役務費 
郵送・運搬費、会場設営・撤去費、看板・のぼり等設置費、イベント保険料等 
※領収書のない電話・FAX代は不可。
⑥ 使用料
会場・附属設備使用料、機器レンタル・リース料、バス借上料等
⑦ 備品購入費
事業に必要な機材を購入する経費(一品5万円以上のもの)
※助成対象経費の1/3を上限とする。
⑧ 委託費
事業に必要な業務を委託する経費 ※助成対象経費の1/2を上限とする。
⑨ その他
事業の実施にあたり、必要性が明確に認められる経費

 

助成対象外経費

①団体の経常的な活動経費、運営費(定例会議や事務所維持経費等)
②イベント・講座等の参加者が負担することが妥当と考えられる経費
(食材費、工作体験等の材料費、テキスト代等)
③参加者粗品・景品代
④燃料代(里山整備に係る作業に要する燃料代は除く)
⑤自家用車両での移動にかかる経費、乗車カード購入費、タクシー代
⑥食糧費(会議の茶菓代、昼食代等)
⑦領収書がない等、使途が不明な経費


2.応募方法
 

募集期間(申請書類提出期間) 令和2年3月24日(火)~4月24日(金) ※ただし、申請書の受付は、令和2年度予算が成立することを前提とします。

※ホームページ(http://hitosato.jp)より申請書類を入手し、必要事項を記入の上、北摂里山博物館運営協議会に来訪日時を予約して申請書類一式をご持参ください。
申請書類はメールでお送りすることもできますのでお申し出ください。
申請書の作成に必要な「実施要領」はホームページから入手していただけます。
助成金交付の決定前に事業に着手する場合は「交付決定前着手申請書」の提出が必要となります。


3.審査方法等
① 審査の実施方法
  書面にて一次審査を実施します。
  一次選考合格者に対し企画提案会(令和2年6月予定)を実施します。
  企画提案会の日時は実施日の約2週間前に文書で通知いたします。
② 助成対象事業等の決定
  助成事業の採否及び助成金額については文書で通知します。
  助成金額は、審査結果を踏まえ助成金申請額を下回る額とさせていただく場合があります。
 
4.実施報告と支払い
① 実施報告書の提出
   事業完了後14日以内に実施報告書を提出してください。提出期限までに報告書の提出がない場合は、助成金の交付決定を取り消すことがあります。
② 助成金の支払い
   実施報告書を確認の上、助成金額を確定し、助成金請求書の提出により指定された団体口座へ助成金を振り込みます。必要と認められる場合には、前払いを行います。但し、「助成金交付決定前着手申請書(様式第4号)」が申請時に提出され、承認を得ていることが前提となります。
③ チラシ等への記載
   助成事業については「北摂里山魅力づくり応援事業」による助成を受けていることをPRチラシやパンフレット等へ記載してください。
 
5.その他
① ホームページによる事例の紹介
   助成事業を通じて得られた成果をホームページなどで紹介させていただくことがあります。
② 専門家による進捗確認・助言
   事業実施期間中に専門家による助言を受けることができます。
③ 事業報告会
   令和2年度末に事業報告会を予定しています。


※1 「希少種の保全に資する活動」
団体の活動フィールドに生息・生育している希少種や絶滅危惧種(※2参照)の保全に資する活動であって、下記に掲げる項目に該当する活動を指します。
① 希少種や絶滅危惧種の保全活動
(例)希少種の種子採取・栽培・増殖、生育エリアの確保・設置
希少種の保全を目的とする外来生物の除去・防除、鳥獣害対策・病害虫対策
上記活動実施のための現状把握を目的とする動植物の分布調査
② 希少種に係る啓発活動
(例)一般市民向けの希少種の観察会・学習会の開催
※2 「希少種や絶滅危惧種」
ここでいう「希少種や絶滅危惧種」とは、下記の種を指します。
① 「環境省レッドリスト」に掲載されている「絶滅危惧ⅠA類(CR)」、「絶滅危惧ⅠB類(EN)」、「絶滅危惧Ⅱ類(VU)」、「準絶滅危惧(NT)」、「絶滅のおそれのある地域個体群(LP)」に該当する種
② 「兵庫県版レッドリスト」に掲載されている「Aランク」、「Bランク」、「Cランク」、「要注目種」、「地域限定貴重種」に該当する種
③ その他、生息状況の悪化等により、特に保全が必要と考えられる種
 

申請関係書類ダウンロード

 
(書類はメールでお送りすることも可能です。お問い合わせください)

パンフレットPDF 

表面

中面
北摂里山博物館
北摂里山大学のご案内
北摂里山大学のご案内
環境活動団体リンク
北摂里山サポーターズクラブのご紹介
薪らいふ
北摂里山魅力づくり応援事業
 
 
 
 
 
武庫川カヌー